2005年11月02日

歩き出してみよう(一休禅師)

今日から相生(兵庫県)、香川(四国)、福井(北陸)と
出張です。土曜日の夜に名古屋に帰ってきます。

今回の出張は始めての四国での言霊入門になります。
言霊の相生支部の三輪よし子さん(アロマハーモニー主宰)のご協力を
得て、四国香川に住む言霊師Mさんが言霊入門講座を企画してくれました。

香川と言えば讃岐うどんです。そして弘法大師かな。
弘法大師と言えば私の名前の由来になった方です。
四国と言えば八十八箇所巡りです。
八十八箇所巡りと言えば全国にそのミニチュア版みたいなのが
たくさんありますが、私の田舎にも篠栗八十八箇所巡りがあり、
小さい時に祖父に連れられて何ヶ所か回った事がありました。

両親が生後三ヶ月で別れたために父方の祖父母に預けられて
育った私は祖父母の影響を強く受けています。
その中で目に見えないものに対する信仰、信頼は
とても強いものがあります。

仏の加護、神仏の守護そのようなものを小さい頃から
感じてきました。小さい頃身体の弱かった私に対して
祖母などが一生懸命神仏に手を合わせて祈っていた
姿を見ながら育った私は見えない守りがあることを
肌身を通して感じていたわけです。

お祖父ちゃんがつけた名前でも書きましたが祖父母が孫の命名に関わると
運がいい、強い、守られるそのような言霊の法則があります。

自分自身を振り返ってもそんな感じですね。

今日のことばは弘法大師(空海)ではなくて
一休禅師のことばにします。

今日のことば
「この道を行けば、どうなるもかと危ぶむなかれ。危ぶめば道はなし。
踏み出せば、その一歩が道になる。迷わず行けよ。行けば分かる」
by 一休禅師


アニメの一休さんではなく大人の一休禅師のことばは含蓄があります。

歩き出す前から心配するんじゃなくて、まず歩き出してみよう。
道を歩くのは容易いけど、道を作るのは大変。
だからその役目を持った人が道を作って行くのです。
人の前に道はない、私が歩いたあとに道ができる。
だからまず歩み始めよう。必ず守りがあり進んでいけるという
わけです。

迷わず行けよ。行けばわかる。

ほんとうにそうだろうと思います。







posted by ことだま教師 at 05:58| Comment(5) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先生こんばんは(^^)
四国八十八ケ所、うちの叔母も毎年2回まわっています。うちの祖父、叔母ともとても信心深い人で、私も目に見えない力、パワーは本当にあると思います。今こうやって毎日暮らしていけるのも、目に見えない守りがあるからだと思います。
Posted by 大阪 まゆ at 2005年11月02日 22:36
先生、いつもいつも非常にタイムリ−なお言葉♪
ありがとうございます。

〜したら○○しよう。。。
よくそんな言い方していました。
だけどそう言っている内は、〜したらが
できないし、当然○○もできないんですよね。。

先日のお言葉にもあった
「まず決める!」

踏み出すと決める!そして踏み出す!!
0を1にすることは、ものすごくパワ−を
使います。
その一歩を踏み出せば、2歩目は自然と流れで
ついてきます。

まず最初の1歩ですね!
Posted by リトルラファエル at 2005年11月03日 16:02
まゆちゃんコメントいつもありがとう。

見えない守りをもらうほうがいいですよ。
それは見えないものを大事にしているという
ことです。
四国八十八ケ所めぐりをしている方たちが
たくさんいらっしゃるわけですよね。
四国に来るとそのことが実感できますね。
Posted by ことだま教師 at 2005年11月05日 05:46
千里の道も一歩から。

歩き出して初めて道ができるものです。
こわごわと歩きながらでも、ほんの少しでも
歩いている人の方が何にもしない人よりも
前進しているわけです。
Posted by ことだま教師 at 2005年11月05日 05:48
    道

此の道を行けばどうなるのかと
危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし
踏み出せばその一足が道となる
その一足が道である
わからなくても歩いて行け 行けばわかるよ

          清沢 哲夫


これが改ざんされる前の詩です。
どうみても現代詩にもかかわらず一休がどうとかという不思議なニホン社会。
一休は室町時代の人ですよ。
「一休作」と言ったのは猪木ただ一人。
ただ一人の言葉を信じ、裏もとらず右往左往するニホン人はこっけいの極みです。

国立国会図書館・レファレンス協同データベース
http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000028008
をご参照ください。
Posted by えちごや智 at 2015年09月28日 01:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。