2011年02月10日

音の面白さ

今日は名古屋です。

ことだま師向けの研究科を行いました。



今日は「音の面白さ」と題して書いてみます。

名前は今までは漢字を通して見ていました。

「幸子」さんの名前を「さちこ」と読むのと「ゆきこ」と読むのでは漢字を通しては同じ意味でしょうが音の意味からは全く正反対の意味になります。

「さちこ」の「さ」は「さっさ、さっそう」と早い働きです。
「ゆきこ」の「ゆ」は「ゆっくり、ゆったり」と遅い働きになります。


名前のことだまは「音の意味」から見ていきます。

漢字の意味ではなく音の意味からは紐解くと名前に新たな息吹が与えられます。


音を切り口とすること、これからの流れになるのではないかと予感です。
posted by ことだま教師 at 21:22| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/185287277

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。