2011年01月04日

「日本辺境論」(内田樹)

今年は今日から仕事始めです。
2011年は秋田から始まります。「あ」から始まるのも何かの意味があるかも知れませんね。

ことだまは楽しい意味付けをして人生を楽しむものです。

人生に意味なんてないと考える方もいらっしゃるでしょうし(意味がないと意味付けしていますが)人生に意味があると考える人もいます。
ことだまは後者です。

意味を創るチカラを人は持っていると考えます。
人生を楽しく過ごすために意味付けするといいです。
これは私の体験でもあります。

昨年読んだ本の中で印象に残った本が「もし女子マネージャーがドラッカーを読んだら」と「日本辺境論」でした。


「日本辺境論」の中に次の言葉が書かれてあります。


本書は「お客さん」を家に迎えるために「お掃除」することを目的にした本です。

「日本辺境論」(内田樹)


この「日本辺境論」は本当に面白く参考になりました。
もちろん掃除のやり方を示した本ではありませんが、日本人が何を考え大事にしてきたかがいろんな例をひいて書いてあります。

ことだまで伝えていることを切り口を変えて書いてあります。
機会があれば読んでみてください。

posted by ことだま教師 at 10:08| 愛知 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。