2010年12月31日

今年はお世話になりました

今年もあと2時間を切りました。

いろんなことがあった2010年でした。来年は更に良い年にしたいと思います。

今年はお世話になりました。
来年も宜しくお願いいたします。

今日のことば

終わり良ければ全て良し

日本のことわざ


大晦日は今年を振り返るいい時期です。

今年も良かったで終えて来年を迎えたいです。

明日は恒例の尾張、三河の神社へご挨拶です。
posted by ことだま教師 at 22:22| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

平塚らいてう

今年も明日を残すのみとなりました。


今日のことば

元始女性は太陽であった

平塚らいてう


私たちが感じている男尊女卑は明治時代に作られたものもあるようです。

日本は本来女性を大事にしてきた文化があります。

女性がチカラを発揮するには本来の女性の意味や働きを知ることが大事になります。

女が台になって始まるわけですから。

posted by ことだま教師 at 23:37| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

門松、注連縄、鏡餅

今日も残り3日となりました。名古屋も寒い日が続きます。

年の瀬は慌ただしさが街中に漂ってます。

今日は簡略ですが注連縄と門松、鏡餅をお供えましました。



今日のことば

日本の伝統行事の再発見と日本の知恵の相続がことだまの伝えたいことのひとつです。

ことだま講座


門松を立てたり注連縄をしたり鏡餅を備えたり年末の準備の中に残されている日本の知恵を伝えたいと思います。

昔からやっている行事には日本の知恵が含まれていて感動します。

日本人が神様をどのように感じてきたのかが門松を立てたり鏡餅を供えることに読み取れます。

日本人は神様に親を見てきました。子供のことを心配して幸せを願う親を神様に見てきたわけです。

毎年歳を迎えるたびに幸せをもたらす神様が来てくださると考えてたのです。

ただ日本の神様は来て欲しいと願う家にだけ来てくれます。

そのための印が必要になります。それが門松なのです。

来年も幸せを与える神様に来ていただきたいと思います。
posted by ことだま教師 at 23:33| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

今年を振り返って、その一

今日は28日です。
今年も残り4日になりました。
世間も今年の重大ニュースなどを流しています。

私自身も振り返ってみていくつかの大事なことを述べてみたいと思います。

そのひとつが10月に新しい場所に引っ越して「訪れの家」作りを始めたことです。

以前住んでいた場所も人が来ることを予定していましたが、出張などが多いことと交通の便の悪い所でしたので今年はほとんど人が来ることがありませんでした。

それが秋に入ってちょうど住んでみたい場所、名古屋藤が丘に希望のマンションが見つかり引越しすることとなりました。

藤が丘を拠点として「訪れの家」を始めたいと考えています。来年から本格的に「訪れの家」をスタートします。

さまざまな企画をして「訪れの家」を活性化したいと思います。

幸せの第一歩、使命実現の第一歩が「訪れの家」であることを来年は多くの人の伝えていきたいと考えています。
posted by ことだま教師 at 20:57| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

年賀状

昨日が仕事納めでした。

今日から大晦日までは準備にあてますので今日は年賀状を一日書いていました。

毎年年賀状を買うのですが年末の忙しさにかまけて書かずに終えることが多かったです。

今年は時間もあるので年賀状をしっかりと書いてみます。

メールで年賀状を下さる方もいますがメールでの年賀状は残らないので少々残念です。

デジタルの時代だから手書きのアナログが貴重でいいと思います。

デジタルとアナログの両方を使いこなすのがこれから一番いいと思います。


年賀状で宛名を書きながら不義理をしている方もいて反省したり、来年はもっと仲良くしようと思ったりする人もいてひとりひとりでいろんな物語があって面白いです。

一枚のハガキが織りなす物語、それが年賀状ですね。
posted by ことだま教師 at 23:37| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

仕事納めです。

今日の初級講座で2010年の仕事納めになりました。

今年もたくさんの方と出会い、ことだまを伝えることができました。

2001年から名古屋で始めた「名前のことだま」は10年の積み重ねをしてきました。

来年からは積み重ねた10年を土台にして更なる展開を目指して行きたいと思っています。

年末は来年に向けての準備に当てていきたいと思います。
posted by ことだま教師 at 22:25| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

石津謙介、個性とは

名古屋に帰ってきました。
いつものことですが名古屋に帰ってくるとほっとします。


ヴァン、ジャケット創始者の石津謙介さん。

私の学生時代はヴァン、ジャケットは憧れの的でした。

石津謙介さんの言葉で次の言葉があります。


ビジネスの場での正しいスーツの定義はたったひとつ。

目立ってはいけない。ビジネスの服装に個性は不要です。不要というより、あってはいけない。

個性は服にではなく、その人の仕事や人間性にこそ表されるべきです。



いい言葉だなあと思います。
個性とは外見や持ち物から産み出されるものではないと思います。

仕事や人間性に個性を持つことが大事になりますね。

私もそうなるために日々を過ごしていきたいと思います。


ことだまも語る内容は同じでも誰が語るかで相手に受ける印象が違ってくる。

それがことだま師の個性の違いになってきます。
posted by ことだま教師 at 22:49| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

九州から帰ってきました

5日間の九州里帰りを終えて名古屋に帰ってきました。

5日間があっという間に過ぎてしまいました。

お墓参り、親戚の叔母との会話など有意義な時間でした。

名古屋に帰ってから来年に向けて準備に当てたいと思います。


今日のことば

僕はオトナになるって言うのはサンタクロースはいないと知った時ではなくサンタクロースは自分だと知った時なんじゃないかなと思います


本田晃一(インターネット マーケッター)


今日はクリスマスイブです。
雪が降ってホワイトクリスマスの所もありますね。

サンタクロースにプレゼントを貰う立場からサンタクロースのようにプレゼントを与える立場になるのが大人になるということなのでしょうね。

今年のクリスマスは大人のクリスマスでありますように。




posted by ことだま教師 at 23:16| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

里帰り帰省

今日は小倉に滞在です。

今回はお墓参りと久しぶりに叔母と会って話をしました。

30年前に故郷を出てそれきりの生活でした。

故郷は遠くにありと思うものと歌われていますが、本当にその通りです。

田舎は何はともあれ自分自身の原点であることには変わりありません。


最近は毎年田舎に帰って原点を見つめ初心に戻る時間を作っています。

明日の昼に名古屋に帰ります。
posted by ことだま教師 at 22:58| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

久しぶりに小さい頃の話ではずむ

半年振りに九州福岡に里帰りしました。


今日は久しぶりに叔母3人と話しました。

3人の叔母は幼少時期にお世話になった方なので幼少時期の話で弾みました。


私がことだまを伝える原点、背景に幼少時期の経験が強く影響しています。

今日、3人の叔母さんとの話の中でそのことを再確認しました。

家庭の事情で両親が生後3ヶ月で離婚して父方の祖父母に引き取られて育ちました。

引きとられた時、私が3ヶ月、引き取った祖母60歳、祖父70歳。

老夫婦の元に乳飲み子がいる生活。生まれた時から普通の家庭環境とは違う中で大きくなって来たんだなあと改めて考えていました。


祖父母だけでは育てられなかったのでサポーをしてくれたのが4名の叔母でした。

私の背景には祖父母と4名の叔母がありました。

祖父母は亡くなり4名のうち1名亡くなり3名の叔母となりましたが、今日はその3人の叔母と話す時間が取れました。


ことだまを学ぶ人たちは圧倒的に女性が多く、ことだまは女性が幸せを実現するサポートの意味合いも強くあります。

それは私が女性によって幸せになってきたからです。

女性が幸せになる。
幸せになった女性が今度は男性が幸せにしてくれる、名前のことだまはそのように考えています。
posted by ことだま教師 at 23:46| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

白山ひめ神社にご報告

今日は金沢、大阪です。

昨日は夕方に金沢に入りましたので金沢で一泊しました。

今日の午前中に白山ひめ神社にご挨拶にいきました。

昨年は白山ひめ神社に行けませんでしたので2年振りのご挨拶でした。

2年前の2008年は白山ひめ神社鎮座2100年の記念すべき年でしたので3回の分けて30名余りの方たちとご挨拶に行ってきました。

ことだまの神様を祀る白山ひめ神社(石川県白山市)は全国にある2千余りの白山神社の総本山です。石川、岐阜、福井などの中部圏内に特に多くある神社です。

仲違いしていたイザナギの神とイザナミの神を言葉で仲良くした白山ひめ(菊理媛)を祀る白山ひめ神社は名前のことだまの神様です。


これまでの感謝と来年以降の抱負を神前で述べてきました。


参拝を終えて大阪港まで移動してフェリーで九州に向かいます。
5年前は何度かフェリーで九州に帰っていましたので久しぶりの船旅です。

posted by ことだま教師 at 18:42| 愛知 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

里帰り週間

今日から金曜日まで里帰りで九州福岡まで帰ります。

九州に帰る前にことだまの神様を祀る石川の白山ひめ神社にご挨拶に行く計画を立てました。

本来は午前中に名古屋を出てお昼過ぎに白山ひめ神社に着く予定でしたが、午前中に掃除をしていたら時間が過ぎてしまいました。

名古屋をお昼を大幅に過ぎてしまい白山ひめ神社が夕方になるのでお参りは明日の午前中にして今日は金沢泊まりにしました。

白山ひめ神社は去年は行けませんでしたので2年振りになります。


私の住んでいる名古屋藤が丘の産土神社は白山神社です。


ことだまは来年から新しい展開を目指しますので今までの感謝とこれからの抱負を述べてきたいと思っています。
posted by ことだま教師 at 22:16| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

大阪初級講座二日目

火曜日から始まった京都、大阪ことだま出張も今日で終わりました。

今日は大阪での講座を終えて夜10時過ぎに名古屋に帰ってきました。

明日から1週間仕事がはいっていないのでこれを機会に九州に里帰りしようと思います。

時間があるので九州に帰る前にことだまの神様を祀る石川の白山ひめ神社にご挨拶に行ってきます。

今回はフェリーは九州まで出てみる予定です。

新幹線も速くていいものですが、久しぶりにゆっくりと船旅で帰ってみます。



posted by ことだま教師 at 23:53| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

イチローの家を風水で見てみる

今日は大阪です。

初級講座一日目でした。

講義をしながら受講者の方からの反応や感想の中で学ばされたり教わることがあります。

「い」のことだまの話の中で「家」の話をしますが、受講者の方がイチローの家の話をしてくれました。

風水をやっている方でイチローの家、名古屋とシアトルにある家は風水師に作ってもらっていて完璧に作られているとの話をしてくれました。

野球でしっかりとした仕事ができるように家で邪気を流しチカラを増幅できるように風水のチカラを借りて作ってあります。
始めて聞く話でしたが風水の関係では有名だそうです。

ただ仕事で成果が出てくるために子供が生まれることを封印した作りになっているとも話してくれました。

仕事で飛び抜けた成果と子供を作るということは両立しないのか、何かを犠牲にしないと仕事の成果はでないのか?

イチローの家のことを聞きながらそんなことを感じました。


そして「訪れの家」の話で掃除をすること。

風水でも家の運気をあげたい場合はまず部屋を綺麗にすること、掃除をすることがまず大事になることを教えてくれました。
posted by ことだま教師 at 23:42| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

京都、研究科&忘年会&淑女バー

風邪気味で体調不良で一日が始まりました。

今日はお昼過ぎから夜10時まで予定がびっしりと詰まっていました。

体調不良で大丈夫かと心配していましたが、研究科で2時間話していたらだいぶ元気になりました。

風邪の引きはじめに休養を取って臨んだので最悪な状況に陥らずに済みました。

動きながら元気になることもあるようです。

明日から二日間は大阪です。
posted by ことだま教師 at 22:46| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

生きがいが欲しい

今日も京都です。

火曜日に第8期京都初級講座でしたが、日程が合わなかった方の個人レッスンを行いました。
今日はコタツに入っての個人レッスンでした。

なかなか趣きがあって楽しい個人レッスンでした。


毎日新聞に下記の記事が掲載されていました。

「生きがいがない」

万引き事件を繰り返す高齢者の3分の2が「生きがいがない」と感じていることが警視庁の実態調査で分かった。

万引き容疑で摘発される高齢者が10年で9倍以上に激増するなか、こうした分析は初の試み。
警視庁は、事件で摘発された容疑者に就労を促すなど、社会参加への取り組みを充実させる方針だ。


これからの社会の課題は高齢者問題が多きな比重になるでしょう。

高齢者問題と言えば介護や医療が思い浮かぶと思います。

私はその問題とともに大事なことは「生きがい」になると思います。

医療は介護は私がやってもらうことです。

ただやってもらうだけでは結構辛いものがあります。

私がやってあげることも必要です。

やってもらうこととやってあげることのバランスが大事になります。

とちらかに偏ることはやはり問題があります。

ただ現在の老人問題はやってもらうことに重点が置かれ過ぎているように思います。

生きがいとはやってあげることから生まれてくるものです。

生きがいとは誰かの役に立っている自分であると思えるところから生まれてきます。

生きがい論がこれから重要になると思います。

ことだまは生きがいについてのヒントを伝えています。

posted by ことだま教師 at 18:56| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

少し風邪気味

今日も京都です。

昨日の午後の講義の最中から少し咳き込んできました。

風邪の引き始めのようです。

いい具合に今日は仕事が入っていないのでホテルで一日静養しています。

50歳も過ぎると気持ちは若いつもりでの肉体的に衰えてきているので健康管理をしっかりしないといけないと感じる今日この頃です。


今日で主催してくださっているてんなさんが「先生は他力だけでやってきた人ですよね」と話してくれました。

ことだまは人の助けなくしてやっていけなかったので、そうした意味なら他力を借りてきたのは事実です。

私は真言宗の家で生まれ、自力信仰の強い弘法大師の影響があるのですが、心情的なは他力だ信仰の浄土真宗の親鸞に惹かれてしまいます。

他力と自力はどちらも必要です。その配分が問題となるでしょう。

私の場合は他力の方が配分が多そうです。
posted by ことだま教師 at 15:37| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

京都初級講座

今日は京都です。

仙台、信濃大町から帰って息つく暇なく京都に移動です。

京都の町並みをタクシーから眺めながら走っているといかにも京都だなあと感じます。

昨日は信濃大町から北アルプスを臨みながら電車で移動しているといかにも北アルプスの風景だなあと感心したりもしました。

土地土地が持っている風景の面白さを感じる、ことだまの旅は幸せの旅と言えます。


今日は京都での第8期初級講座の初日です。

京都では和合庵のてんなさんの主催で開催しています。

京都での講座の特徴は根っからの京都人が参加しないということです。

住んでいるのは京都でも生まれは他府県だったりします。

何代も前から京都人が参加するようになると京都での壁を一つは越えられるのではと感じています。

金曜日まで京都にいます。
posted by ことだま教師 at 22:31| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

自殺願望

朝、信濃大町を出てお昼過ぎに名古屋に帰ってきました。

名古屋は雨が降っていました。
どんどん今年が遠くなっていきます。

12月は師走なので世間もあわただしく感じますが、私も気ぜわしい毎日を過ごしています。



今日は自殺願望と題して書いてみます。


もう20年以上前になりますが、一人の女性と知り合いました。
その女性が「自殺したい」と話すことがよくありました。

気分が落ち込んでいたり、未来にネガティブな思いが出来た時などに「自殺したい」と言っていました。

私はそのことがとても不思議でした。

私は死にたいくらいつらい状況になったこてがあっても「自殺」したいと思ったことがなかったからです。

そんなことを彼女に話したら山下さんはきっと守ってくれる存在があるのですねと答えてくれました。


この世でやるべきことがあるのでこの世から離れることは無意識に否定したいたのかと思ったことがあります。

この世からの逃避願望はなかったけで自分の世界に閉じ籠りたい願望は人一倍強いように思います。

言葉を変えれば引きこもりたい願望があります。

それはことだまの「ひ」が大きく影響しているのではと思います。

「ひ」の裏の働きは「ひきこもり」だからです。

裏の働きになるのは「ゆとり」がなくなる時です。

引きこもりたい願望が出てくるときは「ゆとり」がなくなっている時なので「ゆとり」が回復できた時に引きこもりから一転して発信する、外向きに変わっていきます。

「ゆとり」
使命を発揮するには一番大事なポイントになります。

posted by ことだま教師 at 22:46| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

犬を飼いなさい

昨日の夜、仙台で懇親会を終えて長野まで移動しました。

今日の会場は明科という場所でことだま師の研究科&忘年会を行いました。明日の朝に名古屋に帰ります。


イギリスの言葉に



子供が生まれたら犬を飼いなさい
子供が赤ん坊のとき子供の良き守り手となるでしょう
子供が幼年期のとき子供の良き遊び相手となるでしょう
子供が少年期のとき子供の良き理解者となるでしょう
そして子供が大人になったとき自らの死をもって子供に命の尊さを教えるでしょう

イギリスのことわざ


意味の深いことわざだと思います。

犬が子供にその時その時にいろんなことを教えてくれるということですね。

一番感心したのは大人になった時に自らの死をもって命の尊さを与えるということ。

死は言葉を変えれば命の尊さを教えているのですね。

このことわざを聞いて私は犬ではなかったですが祖父母から命の尊さを教わったように思いました。

生活の中に祖父母がいることは死と隣り合わせになります。

でも言葉を変えれば死を持って命の尊さを教えてくれたのかと思いました。
posted by ことだま教師 at 21:29| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。