2010年07月31日

7月も終わります

梅雨明け後の灼熱の暑さだった7月も今日で終わります。

1ヶ月1ヶ月が本当に風のように過ぎていきます。

7月は北海道旭川から始まりました。

あれからまだ1ヶ月しか経っていないのが嘘のようです。

7月の終わりは岡山で迎えました。

希望で始まり喜びで終わり螺旋上に展開していくのがことだまの考え方なので7月も良かったで終わりたいものです。


8月は夏休みを取り九州福岡にお墓参りに帰ります。

暑い8月をまたたくさんの出来事と出会いの中で思い出作りの1ヶ月にしていきたいと思います。
posted by ことだま教師 at 21:04| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

蝉の声を聞きながら

今日は東京王子のマンションの一室で過ごしていました。

ちょうど仕事がはいっていませんでしたので日頃の疲れを
癒す意味で一日ゆっくりとした時間を過ごしました。

「何にもしない贅沢」

活動と休息のサイクルを上手に持つことが長続きする秘訣ですので
たまにある何にもしない一日はありがたいものです。

東京ではミンミンセミが夏を謳歌するように鳴いていて
そのセミの声が耳に心地よいです。

私の住む名古屋ではミンミンセミは鳴かなくてクマゼミの
声で朝起こされていましたが調べてみると暑い名古屋には
ミンミンセミは適していないとのことです。

これで一つ疑問が解けました。

虫の声や風の音に趣を感じてきた日本人の感性を大事にして
いきたいものです。

posted by ことだま教師 at 23:33| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

名刺セラピー

今日の東京は久しぶりに雨でした。

灼熱の毎日だったので今日はとても涼しさを感じる一日でした。

今日は大谷コーセーさんとコラボの名刺セラピーでした。

今月で4回目になります。

名前のことだまは女性、特にお母さんや主婦の方が学ぶことが多かったのですがビジネスマン対象に伝えたいと思っていました。
そこで名刺作りをやっている大谷コーセーさんとコラボしながら名前のことだまの可能性を広げています。

名刺は交換することが問題ではなく名刺を通してコミュニケーションを取ることが大事になります。

ただ多くの方たちは名刺交換を連絡先交換として使うことが多いので連絡先交換だけでなくコミュニケーションとしての名刺交換にして欲しいと思います。
名刺交換は相手と仲良くなるのが目的にするなら相手がいい人と思えることが大事です。

名前のことだまは相手の名前から私の時期、状態がわかると考えます。

「ゆ」の名前と出会う時は休息する時、「こ」の名前と出会う時にやりたいことが形になるとき。

相手の名前が自分のためになると思うと相手に好意を持ちます。

名前がわかると相手が良く思える。それが名前のことだまのいいことです。


コミュニケーションツールとしての名前のことだまは活用できます。

posted by ことだま教師 at 21:32| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

夏は夜、清少納言

昨日から東京に来ています。

今日は平日版のことだま初級講座の初日です。
新しい方が4名受講していただけることとなりました。

毎年ことだまを通して数多くの人たちと出会いますが
その出会いは本当に面白く、またその出会いから広がる
世界が刺激的です。出会いはサプライズ、意外な広がり、展開を
見せてくれるものです。

今回の受講者との出会いもどのように展開していくかと
思うとわくわくしてきます。


枕草子の中に次の歌があります。
だいたい高校時代の古文あたりで学びますので多くの方が
ご存じの枕草子の内容です。


春はあけぼの。
やうやう白くなりゆく山際、少しあかりて、
紫だちたる雲の細くたなびきたる。

夏は夜。
月の頃はさらなり。
闇もなほ、蛍のおほく飛びちがひたる。
また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。
雨など降るもをかし。

(春夏だけ引用)


清少納言の時代も(1000年前後)先日、ブログで載せた吉田兼好の
時代も(1300年前後)も夏の暑さは耐え難いものがあったとは
思うのですが、夜は比較的過ごしやすかったのでしょう。

だから「夏は夜」という表現がでてきのでしょうね。


現在は熱帯夜が年に30日以上あったりして夜もなかなか過ごしにくい
ものですが戦前は10日前後だったようで昔は夏の夜は結構過ごし
やすかったのかもしれません。

都会の夏の夜は涼しさはクーラーあたりで求めるしかありませんが
田舎にいったり大自然の中にいると月の輝きや蛍の光に涼しさや
趣を感じることができるかもしれません。


「夏は夜」すてきな言葉です。

暑い夏を乗り越えるのはクーラーと日本の夏に対する言葉のようです。
posted by ことだま教師 at 07:52| 愛知 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

池上彰

今日も暑い名古屋の一日です。今日から日曜日までことだま出張です。まずは東京に移動です。

あと1週間で8月です。
暑い暑いと話す期間もあと1ヶ月なのかと思うと不思議な感覚です。

今日のことば

簡単なことは簡単に
難しいことも簡単に

伝える力(池上彰)


テレビ番組で活躍の池上彰さん。私も時折見ることがありましがとても分かりやすい説明に学ぶことが多いです。

池上彰さんはNHKの子供番組でニュースを説明する担当をする中で分かりやすい伝え方を身につけたとお話しされていました。
私の場合は女性で学ぶ方が多かったので女性が分かるような表現をいろいろ考えました。

まだまだ不十分な伝え方と感じていますのであれこれと伝え方の本を読んだりしています。

最近は池上彰さんの伝える力(PHP)を買って読んでみました。

ことだまをより良く伝えるために日々精進が必要だと改めて感じています。



posted by ことだま教師 at 21:05| 愛知 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

土用の丑の日

今日も暑い名古屋の一日でした。
昨日は名古屋で中級講座二日間を無事に終了して
今日は一日疲れを取りゆっくりしていました。

土用の丑の日の由来は他にもあるようですが平賀源内の話が
有名ですのでそれをご紹介します。


今日のことば

今日は土用の丑の日。
平賀源内が文政5年(1822)年に丑の日に「う」の字がつくものを食べると
夏負けしないという民間伝承をヒントに丑の日に鰻を食べることが広がりました。

Wikipediaより


民間伝承にのって私も今日の土用の丑の日に鰻を食べに行きました。

ことだまを学ぶと日本の食文化にも興味を持つようになりました。
食は生きる基本ですからとても大事です。

ことだまを通して日本の食文化をつたえていきたいと考えています。
posted by ことだま教師 at 23:31| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

名古屋中級講座2日目

暑い名古屋の一日でした。
名古屋で中級講座二日間無事に終了しました。
10名の方が体験モニターでことだまを伝え始めます。


今日のことば

仲良きことは美しきかな。

武者小路実篤


仲美子さんという方がことだまを受講されたときに名前の由来を父親が好きだった武者小路実篤の言葉から取った話をしてくれました。

仲良きことは美しきかな。

名前にはいろんな思いがこもっているものだといろんな方たちの名前を聞きながら感じます。


posted by ことだま教師 at 23:44| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

太宰治

最近は蝉の合唱で眼がさめます。蝉の声は暑い夏を実感させてくれますね。

今日明日と名古屋で中級講座です。
10名の方が受講しました。
秋には10名のことだま師が誕生予定です。



今日のことば

生まれてすみません。

太宰治


先週、青森に行ったときに太宰治の生家「斜陽舘」に行ってきました。
ホントに大きな家でした。
生誕100年になるのに未だに人気を誇る太宰治です。

「生まれてすみません。」と太宰治は言いましたが
今は「生まれてきてありがとう」

時代の流れを感じます。
posted by ことだま教師 at 21:39| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

吉田兼好

今日は二十四節季で「大暑」です。
一年中で一番暑い日です。

「大暑」のごとく名古屋は猛烈な暑さです。
梅雨空けてから灼熱の日々が続き閉口していました。

うちはクーラーがないので特に大変なのですが
「味いちもんめ」(倉田よしみ、あべ善太)のマンガを読んでいると
次のセリフが出てきました。

*味いちもんめ(一人の青年が立派な料亭料理人になっていくお話、
舞台が東京や京都が出てきます)

「暑いなあ、京都の夏って東京より暑いんじゃないすか?」

「盆地やからな。夏の暑さは耐え難しって兼好法師が言うとるくらいや」


兼好法師も夏の暑さのことを話していたんだと思いさっそくネットで
調べてみました。

ありました。

それが下記の内容です。


家の作りやうは、夏をむねとすべし。
冬は、いかなる所にも住まる。暑き比わろき住居は、堪へ難き事なり。

吉田兼好(徒然草)



住まいの建築は、夏を考えて造りなさい。
冬は、住もうと思えばどこにでも住める。
猛暑の夏は我慢ならない。という意味です。


日本家屋はもともとは夏が過ごしやすいように作られていましたが、
吉田兼好の時代も夏は耐えがたかった季節だったようです。

暑い夏を上手に乗り越える工夫をしていきたいです。

posted by ことだま教師 at 13:15| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

小惑星探査機「はやぶさ」

名古屋は今日も暑いです。
半端な暑さじゃありません。涼を取りに喫茶店や図書館に行っています。


先月、南アフリカでWカップが始まった頃、日本で大きな出来事が
ありました。

それが小惑星探査機「はやぶさ」の帰還でした。

「はやぶさ」に関わった川口淳一郎さんのコメントが文藝春秋の8月号に
載っていました。今日はそれをご紹介します。


「はやぶさ」は月以外の惑星からサンプルリターンするという世界初の
ミッション(使命)を果たしました。

打ち上げ時から「こういう時はこうしてください。」
「こうしなさい」と一から教育してきました。

教えるべきことはすべて教え、その通りに答えてくれました。
まるで管制スタッフの意志と疎通する有機体のようでした。

はやぶさは満身創痍になりながらも、絶望的な危機を何度も
乗り越え、カプセルを地球に送り返す大役を成し遂げたあとで
みずからは日本国民の心に残る不死鳥になったのです。

今回のミッションの成功はJAXA(日本宇宙研究開発機構)の
スタッフのチカラだけではありません。


今回の成功は日本国民全体のスクラムトライだといっていいでしょう。
今回のプロジェクトが称賛されるとすれば、称賛すべきは日本の思想や
技術であり日本人であり、日本なのです。

                   文藝春秋の8月号より引用


小惑星探査機「はやぶさ」は2003年5月9日に内之浦宇宙空間
観測所から打ち上げられ、予定では2007年に帰還予定でした。

途中さまざまなトラブルに巻き込まれて3年延期して2010年
6月13日に地球に帰還したのです。

このことはとても素晴らしい業績と言えるでしょう。

プロジェクトマネージャーの川口淳一郎さんは次のようなコメントも
残しています。

はやぶさの管制室には日本各地の神社の御札があります。
順調な飛行を無事帰還を願って飛不動(東京)と飛行神社(京都)から
御札を授かりました。
通信が途絶えた時には電波神社(京都)にお参りを。
イオンエンジンがうまく中和するように中和神社(岡山)にも
参拝しました。

ふだんから神頼みや神のご託宣を受けて、衛星やロケットを運用
しているわけではありません。

私たち技術者は技術的にどこまでがわかって、どこから先が
わからないのかが、わかっています。
通信復旧やイオンエンジン復旧にしても確率的にどうなるかは
誰も保証できません。しかし期待はしています。
その時に神頼みをするのは意志や希望、根性を持ち続けていることの
証だと考えているわけです。


川口さんのコメントを読みながら感動しました。
一生懸命やった向こう側に見えない神様のはからいを感じてこようと
されたんだと。

宮本武蔵も語っていますが「我、神仏と敬えど、これに頼らず」
とも似通っているようです。

日本人は物にも魂がやどると考えてきました。

今回の小惑星探査機「はやぶさ」は川口さん始めたくさんの人の
思いが凝縮されたものだったのではないでしょうか?

その思いに答えて「はやぶさ」は満身創痍で7年間60億qの行程を
終えて帰還してきました。

地球に戻るとき自分の体を大気圏で燃やしながらも大事なカプセルは
地球に残したまま消えてしまいました。


「はやぶさ」の姿はこれからの日本の未来を明るく予感してくれている
ように思います。
posted by ことだま教師 at 12:38| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

暑苦しい名古屋

今週いっぱいは名古屋滞在です。

今日から金曜日までは週末の名古屋での中級講座の準備以外は
のんびりと過ごします。

といいつつも名古屋の夏は常軌を逸する暑さです。

特に私の家はクーラーがないので夜も暑苦しいし部屋にいるだけで
苦しくなってしまいそうな名古屋の日々です。

お昼は避難を兼ねて近くの図書館に行ってきました。

名古屋の夏は昼間は図書館で勉強を兼ねて過ごしてみようと
考えています。

posted by ことだま教師 at 23:09| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

野茂英雄

昨日の最終電車に乗り遅れるというハプニングで静岡に泊まりそのまま京都に出かけていきました。

京都の講座は午前中に終わり名古屋の自宅に戻ります。

6日ぶりの名古屋です。

週末は名古屋で中級講座がありますのでしばらく名古屋滞在です。
しばらくと言っても1週間くらいですが。



先日、キオスクで文藝春秋8月号の「的中した予言50」のタイトルに気を惹かれて買って読んでみました。

その中に元メジャーリーガーの野茂英雄の記事がありました。
感銘した内容なので今日は野茂英雄の話をご紹介します。


野茂英雄がメジャー挑戦が決まった時に野茂英雄とある外国選手が会話をします。


「ところで野茂さんは英語が話せるんですか?
メジャーリーグのベンチで英語が話せないとイジメにあうかもしれませんよ」


その問いかけに対して次のように答えます。


「僕は英語を覚えるためにアメリカに行くわけじゃない。野球をやりにいくんです」



何とカッコイイ言葉なんだろう!

今、メジャーリーグで活躍しているイチローや松井秀喜、松阪大輔たちの道を開いたのは野茂英雄と言ってもいいでしょう。
メジャーリーグへの道を開いた野茂英雄です。

「ひ」のことだまは「一」の意味を持ち「開く」「始める」働きがあるので野茂英雄はまさしく「ひ」の使命を果たしていたようです。



英語は話せないより話せた方が絶対にいいです。

でも万が一話せなくても強烈な目的があれば大丈夫であることを教えてくれているのが野茂英雄の生き方です。


私も世界にことだまを伝えたいと思っています。

英語が話せない私は野茂英雄の言葉が励みになり後押しになります。


「ひらく」使命を持って生まれた人、それが名前に「ひ」を持つ人です。
posted by ことだま教師 at 16:21| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

仙台ハプニング

今日は仙台で第1期の中級講座でした。
来月残りをやって9月には仙台でことだま師誕生です。


中級講座の内容も回を重ねるたびに洗練されてきています。

これからどこまで進んで行くのかと思うと楽しみです。

講座を終わって懇親会をやっているとあっという間に時間が過ぎて帰りの新幹線の時刻を調べてみると最終電車が仙台発7時26分になっています。

バタバタと帰り支度をして仙台駅に着くと7時24分になっていました。

無情にも最終電車は走り去りました。

明日は京都でことだま教室ですので名古屋までは帰れなくても京都寄りの一番近いのが静岡ということで今日は静岡駅の近くのホテルに泊まることとなりました。

とんだハプニングでした。

ハプニングはハッピーの意味もあるようなので今日のハプニングは明日のハッピーにつながるかもしれませんね。
posted by ことだま教師 at 23:57| 愛知 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

盛岡ことだま師認定会

今日は昨日に引き続き盛岡です。

ことだま師認定会を開きました。昨年の11月に始めての盛岡の地に足を運んで8ヶ月で盛岡に始めてのことだま師の誕生です。

東北の地で蒔いたことだまの種が目を出し花を咲かせ、これから大きな実をつけることを祈ります。

ことだまの幸せの風を起こしていきたいです。

ことだまの神様が幸せの風を起こすためにたくさんの人たちを準備してくれていると思います。

その出会いを求めて日々過ごしています。

明日は仙台で始めての中級講座が始まります。
posted by ことだま教師 at 22:56| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

盛岡、虹と光のフェスタ

今日は仙台のことだま師の主催の盛岡、虹と光のフェスタに招かれて行ってきました。

スペシャルコラボ講座でひすいこたろうさんと一緒にことだまの話をしてきました。


名前が人のためにある。


ことだまの話を聞いた多くの方たちが共感してくれる内容です。

最近、良く話す内容が物で幸せを感じる段階から人で幸せを感じる段階になりましょうということです。

何か物を買ったり身に付けたりして喜びや幸せを感じることが多々ありますが、これは自分だけの喜びになってしまいます。
やはり大事なことは人を喜ばせて自分も相手も喜ぶという喜びの二乗になるのが大事と思います。

物を通しての幸せから人を通しての幸せになる。

この思いに共感してくれる人たちをたくさん作っていきたいと思います。


今日のことだまの話のしめに東北で青森と秋田でことだまの話をしたことがありませんのでお力を貸していただける方がいれば青森、秋田にことだまを伝えに出かけますと話しました。


そう話をするとあとで私は秋田から来ましたと声をかけてくれる人がいました。

やはり言葉はかけるものです。
posted by ことだま教師 at 23:13| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

三内丸山遺跡

青森県弘前駅前のホテルに滞在しています。

青森に行って出かけたかったひとつ三内丸山遺跡に行ってみました。

思った以上に素晴らしいところでした。

縄文中期の5500年前〜4000年に人々が生活していた三内丸山。
大和時代〜平成時代と同じ1500年の時間を三内丸山の地に過ごしていたことを思うと感動します。

遥かかなたの時代に思いを巡らせることが私は好きですが三内丸山遺跡はまさしく遥かかなたの時代を思わせる素敵な場所です。
posted by ことだま教師 at 23:36| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

少し足を伸ばして青森へ

今日、明日と仕事が入っていないので週末の講座の準備にあてようかと思っていましたが週末は盛岡まで出かけるので少し足を伸ばして行ったことのない青森に行こうと思いました。


私にとっては青森と言えば三内丸山と太宰治ですが、ゆかりの場所に行ってみたいと思います。

今日は弘前泊まりですが名古屋から7時間もかかります。

飛行機を使えばもっと時間短縮できました。


これで東北で行っていないのは秋田と山形になりました。

東北は宮沢賢治の花巻、小岩井農場、遠野など行きたいと思っていましたが去年暮れから今年にかけて実現しました。


47都道府県に足を運びたいのであとは長崎、宮崎、鳥取、高知、山梨、山形、秋田、沖縄を残すのみとなりました。

ことだま的には旧国名66に足を運ぶことになります。

基本的に観光でわざわざ行かないので何かの仕事(講座)のついでに行くことになります。

ことだまは私の世界を本当に大きく広げてくれました。


人生は楽しく生きるがモットーなので楽しくいきたいです。
自分が楽しくないと人も楽しませられませんから。

人を喜ばせるには自分が喜んでいないとできません。

自分が楽しむのは本当は手段で人を楽しませるのが目的になります。

手段と目的が混合したり反対になったりするのが多々ありますね。


あちこち出かけていますがその土地の歴史や風土を学び、それがことだまの話につながりますので大きく言えば仕事の一貫になります。

外から見れば遊んでいるようにしか見れませんが。

私は小さい頃から異様に国語と歴史と地理が好きでしたがそれが今のことだまの仕事に凄く役立っています。

小さい頃の状況の中に大人になっての幸せのヒントがかくされていると思います。

今回の青森観光でことだまに繋がるものが見つかれば幸いです。
posted by ことだま教師 at 21:20| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

名古屋研究科

今日の名古屋も雨。
今週いっぱい雨模様で来週からは梅雨空けて本格的な夏の到来のようです。

今日は名古屋でのことだま師向けの研究科を行いました。

先月に引き続き2回目です。

名古屋では実際にことだま鑑定をしていることだま師は2名しかいなくて
あとは活動休止状態か勝手にやっている方になります。
もしくはなんちゃってことだま師になります。

ことだまは日々進化しているのでその後学んでいないとどんどん内容から
かけ離れてしまいます。

先月から活動していることだま師向けに名古屋でも研究科を始めています。

実際にことだま鑑定をしていると疑問点などが出てきますのでその修正が
必要になります。そのための研究科でもありますし、日々進化していることだまの
内容を伝えるのが研究科です。

今日は新たに2名のことだま師が参加になりましたので愛知県、東海地区での
公認のことだま師は4名ということになります。

今月末には新たに中級講座が始まりますので秋にはあらたに10名あまりのことだま師が
誕生になります。

名前のことだまを一緒に伝え創り上げる関係をこれから更に強く持って行きたいと
思っています。そのひとつが研究科になります。
posted by ことだま教師 at 23:44| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

関ことだま教室

今日も名古屋は雨でした。
今日は車で一時間かけてことだま教室に行ってきました。


今日のことば

他人様を変えようとしても
変わるのは変えようとして
がんばったあんたのほうだけさ

ちるちるさくら(マンガ)

良く人を一生懸命変えようとしてなかなか変わらないときに人は変わらないけど自分を変えることはできると話をしますが人を一生懸命変えようとする行為は決して無駄でなく自分に戻ってくる行為に繋がるのですね。
posted by ことだま教師 at 22:35| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

大阪研究科

昨日2週間振りに名古屋に帰ってきました。
水曜日まで名古屋にいてそのあと東北青森に出て盛岡に行きます。

今日の名古屋は雨。
今週はずっーと雨のようです。じめじめした日が続きます。

今日は大阪に日帰りで出かけてきました。月に一度の関西のことだま師の研究科でした。8名のことだま師が学んでくれました。


今日のことば

2010年は「さ行の年」
風のことだまの年です。
ことだまの風を起こす年が2010年です。

ことだま講座


出会った人から自分の運気の年回りを見ていく。
これがことだまの運気の見方です。

私は今年は「か行の年」
「か行」は感情のことだまです。
か行の年は人間関係を深める年です。家族、仲間などの関係を通して心を豊かにしていく年です。

来年は「さ行の年」
ことだまの風を起こす年になります。
それに向けて準備していく今年後半です。

posted by ことだま教師 at 22:58| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。