2009年12月31日

2009年、今年もありがとうございました。

名古屋は夕方から雪が降ってきました。
外は雪景色、少しづつ雪が積もってきています。
大晦日が雪景色とは何年ぶりの風景でしょう。

今年平成21年(2009)も残り少なくなりました。

今年はさまざまな出会いと出来事があり、とても記念すべき
年でした。

毎年毎年いろいろな出会いと出来事があり、すこしづつ
積み重ねて来た人生が面白くもあり、出会いの不思議さを
感じた一年でした。

また新しく迎える平成22年(2010)は今年以上に
楽しい出会いと楽しい出来事があると思うと嬉しくなります。

人生は作り上げるもの。
今年、一番感じたことでした。

人生を創り上げるだけの人間力をつけていくことの大事さを
改めて知り、来年以降はそのことをことだまを通してみなさんに
お伝えしていきたいと思っています。

みなさんも良きお年をお迎えください。
今年は本当にありがとうございました。

喜びで終わると次の段階に上がる「ことだま母音の法則」を
平成22年、2009年も感じていきたいと思っています。
posted by ことだま教師 at 23:29| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

今年2009年を振り返って、その2

今年も2日になりました。
過ぎ去った1年が遙か彼方に霞むような感じです。

今年を振り替えて強く感じるのは「使命(ミッション)」の
重要性です。

名前のことだまを始めたきっかけが「使命」について
知りたかったわけですので今年は再度原点に戻った感じを
受けます。

最近はビジョンとミッションについて話す機会が増えました。

ビジョンとは自分のやりたいこと。

ミッションとは自分にやってほしいこと。

ビジョンとミッションは似て非なるものと言えます。

ビジョンとは夢の実現に近いと思います。
今多くの人は夢の実現に向けてがんばっています。

夢があり、それを実現できる人であればとても素敵なことです。
ただ残念なことに夢を実現する人がとても少ないこと。
そしてそもそも自分の夢が何かが分からない人が多いこと。

わたしも真正面からあなたの夢は何ですか?などと聞かれても
返答に困ります。

夢がもし見つからない人、夢がもし今ない人、
そのような人がいればミッション、使命の実現に向けて
進むことをお勧めします。

夢は探さないと見つかりませんが使命は生まれたときに決まって
いますから探す必要はありません。
ただ気づくだけ。そして受け取るだけでいいのです。

使命を名前のことだまでは名前、氏名から紐解きますが
名前は自分で決めていない、親からのプレゼントのようなもの。
そして単に親の思いでなく時代の申し子が名前なのです。

自分で決めていないものが氏名(名前)
自分で決めていないものが使命です。

名前を受け取って生きているように、使命を受け取って生きていく
ことも生きる選択肢としては素晴らしいと思います。

名前は人のためにある。自分で決めていない。人から呼ばれることが
多い。

そうであれば使命も人のため、社会のため、世界のために
何かをするために与えられたものです。

この世の中をよくするため、楽しくするために生まれてきた。
それが私たちです。その使命をただ受け取って、あとはその実現に
向けて自分で考えて行動していく。

ビジョンからミッションへ。

夢の実現から使命の実現へ。
それを今年は再確認しました。来年は更にそのことを
多くの人に伝えていきたいと思っています。
posted by ことだま教師 at 04:58| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

今年2009年を振り返って

今日を入れて今年2009年も三日となりました。

巷も今年を振り返って、今年の10大ニュースなどの
特集が組まれたりしています。

私自身の今年を振り返ってみたいと思います。

2009年は「あ行の年」として始まりました。

*今年が「○行の年」は一人一人違います。
前年に出会った人12名から今年以降の年回りを読み解く
ことだま行の法則があります。


「あ行の年」の特徴は新しい展開など「新」がキーワードに
なります。

2008年から今年2009年は「新しい年、新しい展開」などが
起こる年と思って迎えました。

案の定、今年は新しい展開が多々あった年と振り返って思います。

ことだまは2001年から始め基礎作り、土台作りをしてきて
今年2009年は新しいステージに移った年とも言えます。

「名前セラピー」出版が今年では大きな出来事の一つと言えます。
「名前のことだま」を文字、形にして遺すことができました。

「コラボ」として「ことだま」の展開が出てきたのも新しい展開の
一つでした。
「笑顔セラピー」「筆跡診断」「絵本セラピー」など全く違った
ものとのコラボから「名前のことだま」の新しい展開が見えてきました。

また「ジパングコード」で海外に向けてことだまの発信の可能性も
見えてきました。「ことだま」は海外に住む日本人にも伝えていきたいものですし、これから海外に出かける人たちに向けても日本語から
知る日本の文化、智恵を伝えていきたいと思っています。


「あ行」は基本のことだまで人生の基本、生きるための基本を
教えている行と考えています。

人生の基本は「使命を持って生まれてきたこと」
その使命を受け取る、使命の発揮の仕方の基本が「あ行」には
書かれています。

「使命はただ受け取ること」

最近強くそのことを思います。
名前も受け取るように使命を受け取るものです。
受け取ったところから動きが始まっていく、そう思います。
posted by ことだま教師 at 16:14| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

仕事納め

昨日で二日間の京都合宿初級講座が終わりました。

初級講座は情報量が膨大なのでだいたいは一方的な
話になってしまうのですが、話しても話しても終わらず
オーバーしてしまうことが最近多くなっています。
今回も1時間以上オーバーして参加者にご迷惑をかけて
しまいました。

講座の仕様も若干の変更が必要だと最近感じていますので
来年は12時間できっちりと終え、かつ理解度が深まるように
組み立てていこうと考えています。

昨日夕方6時前に講義を終えました。
始まったのが午前9時ですから9時間の長丁場でした。
途中2時間ほどは昼食休憩などを含みますがそれでも
7時間の講座になりました。

終わってからことだま忘年会をコロコロこころさんの会場で
行いました。

神祝ぎ神事を矢加部先生にやっていただき神聖な場にして
共に食をいただく忘年会になりました。

昨日で今年のことだまの仕事の仕事納めになりました。

今年もいろいろなことがあり、出会いがあり本当に楽しい
一年でした。

昨日は稲荷神社の宿坊に泊まり今朝名古屋に帰ってきました。

外向きの仕事納めですが年末年始は残っている実務的な作業を
行っていきます。年賀状も書かないといけないし、部屋に
閉じこもって今年を締めくくりたいと思っています。
posted by ことだま教師 at 13:47| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

京都初級講座合宿無事に終わりました。

今日、第5期京都初級講座合宿が無事に終わりました、

11月〜12月までのハードスケジュールが今日、無事に終わりました。

ほっとしています。
喜びで終えると次の段階にステージできますので来年は更に展開した名前のことだまをご紹介します。

でも今年の締め括りを京都で終えられるのは心から感謝です。

posted by ことだま教師 at 23:44| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

第5期京都初級講座、伏見稲荷

今日明日は今年最後の仕事です。

京都で合宿の初級講座です。
講義はいつもお世話になっている「コロコロこころ」です。

夜の宿泊はすぐ近くにある伏見稲荷の宿坊です。

商売の神様で関西圏では一番有名な伏見稲荷で宿泊とは来年は素敵な予感です。

宿泊は寝食を共にするので仲良くなれる機会です。

稲荷神社の宿望は消灯が午後10時でとても健康的な環境です。
posted by ことだま教師 at 20:58| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

オフの日

昨日今日と久しぶりに完全休暇でした。

ゆっくり休む時間は至福の時間です。

ことだまで伝える「わ」は統合、調和の働きです。

違うものを調和させること。

活動と休息の調和が大事になります。
動き回る活動の時期
ゆっくり休息する時期
この二つのバランスがとることが大事になります。

11月〜12月は東奔西走の毎日で動き回っていましたので久しぶりの完全休暇は身にしみました。

明日明後日は今年最後の仕事になります。

今年は京都で一年の締め括りになります。本当に充実した一年でした。
posted by ことだま教師 at 21:03| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

クリスマスイブ

今日はクリスマスイブです。

みなさんはどんな一日でしたか?

私にとっては今までで一番素敵なクリスマスイブでした。

ジャズシンガーの綾戸智恵さんに次の言葉があります。

「後半が盛り上がる人生って、エエなあ」

何度聞いてもいい言葉です。

今年よりも来年が良くなるし、来年よりも再来年が良くなる
そんな人生って楽しいと思いませんか?


人生は落ち込んだり楽しいことがあったり
悲しんだり、わくわくしたりとさまざまな経験があります。

でもどんな人生であったとしてもやはり人生のOKと
いいたいのです。

20年前に名古屋に人生に落胆して流れてきて、そして
もがいて過ごした10年間。

2001年から始めた「名前のことだま」がもうすぐ10年に
なろうとしています。少し動き始めた10年間。

2010年からはさらに加速して動いていく10年間。

後半が盛り上がる人生ってエエなあは私自身も実感しています。

みなさんも後半生が盛り上がる人生を創り上げていきましょう。


posted by ことだま教師 at 23:47| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

ことだま忘年会

名古屋に午後東京から帰ってきました。

昨日は東京巣鴨の中華料理店でことだま忘年会でした。

当日、ビジネスセミナーでことだまの話を30分ほどしたところ
その中の参加者が二人飛び入りで忘年会に参加してくださいました。

私はお酒に弱いので最初の乾杯だけ一口お酒を飲むだけですが
その参加者の方が「よくお酒も飲まないのにそんなに熱く
語れれるねえ」と感心していただきました。

私は日頃から酔っているのでお酒を飲まなくても酔えるんですよと
答えておきました。


10年前に一人で始めた「名前のことだま」が今は少しづつ
認知度が出てきて、ことだまを通して喜びを得た方などの感想を
聞くと感慨深くなります。

もし10年前に伝え始めた「名前のことだま」が偽物だったら
10年間も続いていなかったでしょうから、10年続いている
だけで少しは本物に近づいたかなと思います。

来年はさらに大きく展開していきそうな予感を受けます。

ことだまの仲間作りをしていきたい2010年としていきます。

昨日は冬至で新しい年の助走、今年を振り返る期間です。
振り返りながら2010年の目標を立てていきたいと思っています。

明日明後日は仕事がありませんのでゆっくりと楽しく
時間を過ごします。
posted by ことだま教師 at 19:10| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

冬至、一年の始まりの助走の日

今日は東京です。朝の新幹線で名古屋から東京に向かいます。

12月22日は冬至の日ですが、ことだまでは一年の始まりの
助走の日として大事な一日として考えています。
冬至をスタートして旧暦お正月を本格的な年の始まりとして
考えています。そのリズムで進めていきましょう。



今日は冬至です。古代の日本ではこの日が一年の
始まりと考えられていました。冬至は一年で一番日が短く
この日を境に昼間の時間が長くなっていきます。
この日を境に寒さも本格的になってきますので「冬至冬中冬初め」
とも言われています。

冬至は一陽来復ともいわれています。陰が極まって陽が
帰ってくることことからこの日を境から運が向いてくる
転換の日ともとらえて大事な日と古代の人は考えました。

太陽が力を復活する日、それが古代の人が考えた冬至の
日なのです。

もちろんそれは現代人のわたしたちもそのように思えば
そのように動いてきます。



ことだまでは冬至から旧暦のお正月までのほぼ50日の期間で
今年のエネルギーと来年のエネルギーが移り変わると考えます。
来年の旧暦のお正月は2月14日ですので12月22日から
2月13日までの54日の期間ですっかりエネルギーが変わると
いうことです。

エネルギーは急激に変化するわけでありませんのである程度の
時間をかけてゆっくりと私たち自身を慣れさせて新しい年を
迎えるということになります。今日からが実際の2010年の
始まりです。この日から助走をして1月1日には来年の流れに
乗り2月14日からは全開する、そのような三段階を通して
時間の流れに乗るということです。

今日から新しい年を迎える始まっていきます。
良き新しい年を迎えることができるようにこれからお正月
までの期間を過ごしていきましょう。

まずは今年を振り返る10日間にしていくと良いと思います。
できたことに感謝、できなかったことは来年に繰り越し。
出会った人を思い出す10日間にしていくといいです。
来年やりたいこと、来年の計画も少しづつ立てておくと
良い期間になります。
posted by ことだま教師 at 06:22| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

ひすい祭

今朝大阪から名古屋に帰ってきました。

昨日、大阪でのひすい祭900名の盛会で無事に終わりました。

半年間かけて準備したひすい祭8名の講師と50名のスタッフで
手作りのイベントでした。

途中、大変な時期もありましたがその苦難を越えてのイベントでした。

企画した方がたくさんの喜びをもらったイベントでした。

企画してくれたのはアンジー、去年の暮れにことだま師になった方です。


今回のひすい祭は私も講師として参加させていただきましたが
とても有意義な時間でした。

ことだまで伝えたい内容がさらに明確になりました。

それは「ビジョン(夢)」から「ミッション(使命)」です。

時代はビジョンの実現からミッションの実現へ移動していることに
気づきました。

夢の実現から使命の実現に移っています。

夢の実現は自分の喜び。
使命の実現は相手の喜び。

ビジョンは自分がやりたいこと。
ミッションは自分にやってほしいこと。

夢の実現(ビジョン)と使命の実現(ミッション)が
イコールの人もいます。

そうなれば一番いいですね。

でもそうじゃない人もいます。

私がやりたいことと私にやって欲しいことが違う場合があります。

私自身がそうなのでよく分かります。

私がやりたいのは一人で本を読んだり思索にふけることです。
でも私にやって欲しいことは生き方や考え方を伝えてみんなの
世界を広げて火をつけて始めさせることです。

ビジョンとミッションが違ったらミッションを優先した方が
しあわせになります。

ビジョンは見つけたり探したりしないといけませんが
ミッションは生まれたときに決まっていますから
探す必要がありません。ただ受け取るだけでいいのです。

つけられた名前を受け入れて人生を送っているように
与えられた使命を受け入れて人生を送るのも楽しいものです。

使命は与えられていますが受け取るかどうかは
私の選択にまかせられているのです。

名前を通してミッションの実現を来年もさらに伝えていきたいと
思っています。

来年は「ことだま祭り」をやりたいものだち「ひすい祭り」に
参加して感じました。
posted by ことだま教師 at 12:19| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

ひすい祭

今日は大阪です。

主催者が半年前から準備していた千名規模のイベント
「ひすい祭」が今日開かれます。

主催者は「アンジー」ことだま師で大阪人そのものという
キャラクターですが今年京都でことだま花見を行ったときに
今度は「ひすいさんを呼んで大阪でやりたいねえ」のひと言から
始まった今回の「ひすい祭」です。

始まりは気楽でも千名のイベントはやはり大変なものでした。
試行錯誤をしながら形にしていきました。

「アンジー」は本名は「ともこ」

三つも形にする、実現することだまのチカラを持っていますので
大丈夫とは思っていましたが、ことだまのチカラは持っていれば
自然に出てくるわけではないのです。

人のために一生懸命生きているとことだまのチカラが発動します。
ともこさんも命がけで今回のイベントに臨み今日の日を迎えました。

本当にお疲れ様でした。

スタッフ50名と講師の先生の方々と時代を変革する第一歩の
素敵な「ひすい祭」にしたいものです。


私も講師として招かれて「名前のことだま」について
お話しします。

今日は「ことだまムービー」を初公開します。

会場の映像機器がハプニングで使えないことも時折
あるそうなので万が一映像を流すことができない可能性も
ありますが無事に上映できた場合は感動を皆さんに与える
ことができるのではと思っています。

「ことだまムービー」は名前から使命を解き明かすことを
個人の名前とその人の写真を映像に載せて紹介するものです。

来年はこの「ことだまムービー」にチカラを入れたいと
思っています。

「ひすい祭」に参加のみなさん、会場でお会いしましょう。


posted by ことだま教師 at 07:08| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

私は泣いてあげますよ

第一期津山中級講座の二日目でした。

今日の講義は運気の見方でした。

その中で人生の目的は五十音の「あかさ〜」の流れが教えていると説明します。

「あ」で始まり「わ」で終わるのは希望で始まり喜びで終わることを教えています。

この内容を分かりやすく説明するためにネイティブアメリカンの伝承の言葉をご紹介します。

あなたが生まれるとき
あなたは泣いて
周りが笑っていたでしょう

あなたが亡くなるときは
あなたは笑って
周りが泣いてくれる
人生を送りなさい


その言葉を紹介します。

すると参加者の一人の方が次の言葉をくださいました。


私が泣いてあげますよ


この言葉は非常に嬉しく思いましたがお話しされたのが85歳の参加者でしたので皆さん笑いが起こりました。


私は笑って
周りが泣いてくれる人生を
送りたいと思っています。


終わってから高速バスで大阪に移動しました。

明日は「ひすい祭」です。

皆さん会場でお会いしましょう!
posted by ことだま教師 at 22:33| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

津山中級講座1日目

今日は津山(岡山)で第一期中級講座1日目を行いました。
朝は雪模様も津山でしたが午後には晴れ空でした。


使命がことだまで伝えたい一番のことです。

使命、私の命を人のために命を使うこと。
私が人のためにこの世に生を受けてきたこと。
これを強く伝えたいのがことだまです。

今までは私がやりたいこと、私の夢の実現が
私たちの興味の一番あるのことでした。

それは自分の夢、ビジョンの実現と言ってもいいでしょう。

ことだまはビジョンの実現についてはほとんど説明して
いません。

ビジョンではなくミッションの実現を伝えいきたいのが
名前のことだまです。

ビジョンからミッションへの切り替え、移行がこれからの
流れだと思っています。

ミッションの重要性に共感する人を作っていきたいと
思っています。

今年の残りもそのことを強く伝え、来年以降もミッションの
重要性を伝えていきたいと思っています。
posted by ことだま教師 at 23:24| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

今年もあと二週間です。

今日は京都でことだま師の研究科でした。

今年も振り返ればあと二週間になりました。

恒例の今年の漢字は「新」でしたが私もこの漢字のような
一年でした。

新しいことが私のいたるところで起こった2009年でした。

出版という新しい展開が出てきたし、新しい土地にことだまの
種を蒔いてきた一年でした。

富良野、花巻、盛岡、岡山、熊本、博多など新しい土地に
ことだまの種を蒔く機会も出てきました。

今月20日の大阪でのひすい祭は1000名規模の会場で
ことだまの話をする機会もいただきました。

また新しい出会いがたくさんあった一年でもありました。

残り二週間もまた新しい出会いと展開がもたらせることを
楽しみに過ごしていきたいと思います。

京都の研究会を終えた後、岡山の津山に移動しました。
posted by ことだま教師 at 23:42| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

ビジョンからミッションへ

昨日の夜遅く名古屋に帰ってきました。

11月12月と名古屋の家を空けることが多くなりましたが
外に出ると名古屋の良さがさらに分かっていいものです。

地元に帰ると、拠点に帰るとエネルギーの補給ができますので
来年は各地に拠点を作っていきたいと思っています。


今日はビジョンからミッションへと題して書いてみます。

ことだまの表現は言葉遊びのようなものが多くあります。


氏名は使命

改名から解明へ

転職から天職へ



言葉遊びといえばそれまでですが結構本質をついているにも
思います。

時代が変わってきたということがことだまの伝えたいことでも
あります。

同じものを見方を変えるだけで大きく変化してきます。


名前のことだまの名前の見方は自分の名前は人のためにある
ということです。これは多くの方が共感していただきました。

名前とはともすれば親が自分に願うものと思っていたことが
それだけではなかったことに気づくものです。
自分のことだけが書かれてあるのではなく、自分が人のために
出来ることが書かれたてあるのが名前だったと伝えるのが
名前のことだまです。

私が人に対して出来ること、それは名前であるし
それが使命と言えるのです。


ことだまで伝えたいのは使命(ミッション)
使命とは自分の命を人のために使うこと、人のために出来ること。

最近はビジョンについてお話をする人が多くいます。
ビジョンとは自分のやりたいこと。自分の夢、希望と言えます。

ことだまで伝えたいことはビジョン(夢、希望)ではなく
ミッション(使命)です。

自分がやりたいこと(ビジョン)ではなく自分にやって欲しいこと
(ミッション)伝えたいのが名前のことだまなのです。


今の親の多くは子どもたちにあなたのやりたいことをやりなさいと
小さいときから教えると思うのですが、これはビジョンを実現
しなさいということと同じです。

ことだまで伝えたいのは一世代二世代前の親が子どもに行っていた
人の役に立つ人になりなさい。ミッション(使命)を伝えること
なのです。

ミッションを伝える親や大人をたくさん作っていきたいと思っています。
posted by ことだま教師 at 13:42| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

愛情ラーメンと雪の女王

今朝は東京です。

昨日の夜に羽田空港に着き東京で宿泊です。

今日はことだま師のMさんが企画していただいたランチ会に参加します。
夜はいつもお世話になっていることだま師Aさんのねぎらい夕食会です。


昨日は北海道の美唄にある日本理化学工業株式会社に見学に行きましたが今回の札幌ことだま入門に参加してくださったコーチングをされているFさんが奇遇にも美唄生まれということで案内していただきました。

最近はどこかに行くことが決まると不思議とその地に関係ある人と出会ったりと不思議なご縁が多いです。

アインシュタインが言っていますが人生は二つの生き方しかない。
毎日が奇跡と感じで生きるか、そうでなく生きるか。

人との出会いに奇跡を感じ、何気ない毎日に奇跡を感じていけるなら何て楽しいでしょうね。

美唄の工場見学が終わるとFさんが美唄の美味しいものをご紹介したいけど外で食べるより私の実家で昼食いかがですかと
Fさんの実家にご案内していただきました。

Fさんのお父さんが定年後料理を覚えて料理を振る舞うのが趣味になっているとのことで今回、昼食をご馳走になりました。
今回はラーメンでしたが手の込んだ本格的なラーメンでした。チャーシューも手作りでまさしく本格的なラーメンです。

命名は愛情ラーメンです。


ことだまでは訪れの家がこれから大事と伝えていますが、それを自然に既にやっている方たちがいるんだとFさんの実家にお招きを受けて感じました。

二日前に入門セミナーで始めてお会いした方の実家にお招きを受けるとはとても面白いです。
来年はたくさんの訪れの家を作り、ご紹介していきます。

Fさんのお母さんは昔、美唄の美人コンテストで優勝されたほどの方ですが、ユーモアたっぷりの楽しい方でした。

美唄の美人コンテストは「雪の女王」ですが「雪の女王」も孫が出来て家庭に収まるとこんなにも暖かくなるのだと感じた楽しい一時でした。
posted by ことだま教師 at 11:10| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

日本理化学工業株式会社美唄工場

札幌5日目です。

今日は「日本で大切にしたい会社」で紹介されてある日本理化学工業株式会社の美唄工場の見学に行きました。

実際に現場に行って見てみると本で紹介されてあることが更に深く実感できました。

知的障害者を7割以上雇用している日本理化学工業株式会社ですが工場の仕組みが知的障害者の作業がスムーズに進むように作られています。

この仕組みを作るまでにどれだけの苦労があっただろうと思うと感慨深くなります。


働く幸せについて何十年前からお話しされてきた大山泰弘会長の思いはしっかりと引き継がれてきたことを感じます。

働く幸せとは自分が役に立っていると思うことです。

自分が役に立っていると思えるのは精神面にとても良い影響があることを工場長が話してくれました。

この工場で働いている方は実年齢よりもかなり若く見えるそうです。

役に立っていると若くなる、新しい発見がありました。

伝説の札幌ことだま出張でした。
posted by ことだま教師 at 21:36| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

札幌四日目

札幌四日目です。

今日は午前中札幌駅近くにあるエルプラザで
ことだま入門を行いました。

参加者は8名でしたが札幌180万人を代表して参加された
すばらしい方ばかりでした。
講座の始まりに次のように話しました。

「今日のことだま入門は伝説のことだま入門になります」

北海道にはまだことだま師はおりませんが、いつの日か
たくさんのことだま師が生まれて活動する日が来たときに
今日のことだま入門が実はとても大事な講座であったと
懐かしく思い出させるようになるかもしれません。

そう思えば今日のいつもと変わらないことだま入門も
伝説のことだま入門として見ることができるわけです。

10年前に一人で始めた名前のことだまが何はともあれ
10年近く続けられていることは、語る内容が荒唐無稽な
ものでなく多くの方の共感を得たから続けてくることができたのだと
改めて感じました。

名前のことだまを伝えることで多くの方に喜びの声をいただいて
きました。これからも喜びの声をいただくために研鑽して
いきたいと思っています。

posted by ことだま教師 at 22:02| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

富田ファーム 花人

今朝は富良野の白銀荘で朝を迎えました。
吹雪が舞っていました。
いかにも北海道に来たという感じを受けました。

雲の上の温泉と表現されている白銀荘ですが
北海道、富良野に来る機会があれば是非一度泊まってみて
ください。とてもお勧めです。

宿泊料金は格安(一泊2600円)で設備は整っています。

今月初めから月末まで湯治で泊まっているおじさんとお話を
しましたが、20年北海道を回ったがその中で最高の温泉だと
話してくれました。

その後ラベンダー園で有名な富田ファームに寄りました。
写真などで名前くらいは知っていましたが詳しいことはほとんど
知りませんでした。

富田ファームの2階の資料館で富田ファームの歴史を見ましたが
今の繁栄の背景にある苦難を知り感銘を受けました。

多くの観光客に美しさを提供しているラベンダー園の紫色の
背景にこんなにたくさんの思いがあったことを知ると感動します。

知ると言うことは感動を生み出すものです。

ご縁のある土地、人などの歩いてきた道のり、歴史を知ることは
そのものに愛着をもたらすものです。

「花人(はなびと)」

富田ファームではラベンダーなどの花を見に来てくれている
観光客を「花人」と呼んでいます。

「花人」とは何とおしゃれな名前でしょう。

私もことだまに興味を持つ人を「言人(ことひと)」と
表現したいと思っています。


夜は札幌に戻ってことだま入門を行います。
posted by ことだま教師 at 17:41| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。